So-net無料ブログ作成
検索選択

波岡一喜は韓国人!?嫁・子供・父親は?図書館戦争のも出演!? [芸能]

又吉の小説『火花』ドラマ化が話題になっています。

全10話の連続ドラマで、Netflixでの放送になるそうです。

主人公を林遣都さんが演じることで話題にもなりましたが、

そこに波岡一喜さんの出演もあるという事で注目されています。

今回はそんな、『バッチギ!』や『図書館戦争』にも出演したことで有名な

波岡一喜さんについて調査しました。

※図書館戦争ではスナイパーの進藤を演じていました。

Sponsored Links




プロフィール

image3.jpg

生年月日:1978年8月2日

出身:大阪

身長:178cm

体重:67kg

事務所:えりオフィス


実は韓国人!?

ネットでは韓国人ではないかという噂が流れています。

これは、以前出演したドラマ『ハンチョウ』で韓国人を演じたことがきっかけだそうです。

実際は純粋な日本人。

韓国人ではないようです。


結婚相手に嫁はいるのか?相手はどんな人?

多くの人が気にしている内容ですね。

調べてみたところ、波岡一喜さんの結婚は2006年

相手は一般人女性のようです。

二人の出会いは大学生時代のこと…

もともと弁護士になろうと準備をしていた奥さんでしたが、

波岡さんとお付き合いを始め、共に過ごすようになってからは、

活動のサポートに専念し、

隣で支えてくれているそうです。


子供はいるのか?話題の父親との関係は?

2006年に結婚した波岡さん夫婦ですが、

子供はいるのかが気になりますね。

はい。2人の子供がいます。

2007年に女の子、2010年に男の子が生まれています。

画像を探してみましたが、残念ながら見つかりませんでした。

そして、波岡さんの父親に関する話ですが、

実はお父さん、波岡さんが22歳の時に亡くなっているそうです。

父とは関係があまりよくなく、最後に会話をしたのが18歳くらいの時。

当時はたくさん反発していたそうですが、

自身も子供を持ったことで、今までも父の気持ちが少しずつ理解できるようになったそうです。

もう少し長生きしていたら、

親子で分かり合い、

仲を取り戻すことができたのではないでしょうか。

Sponsored Links



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...